毛深い人と毛深くない人

毛深い人と毛深くない人がなぜいるの?何が違うの?と思い、この記事を書きました。

毛深い人と毛深くない人では、遺伝子(DNA)の設計が違うということは想像できます。
体毛は血液から取り入れる栄養(アミノ酸など)によって作られますが、
毛深い人の場合、それらを摂り入れる遺伝子を多く持っているそうです。

歴史的な背景を見ると、毛深い人と毛深くない人で、2つのルーツがあるようです。
日本列島には、旧石器時代の頃から人が住み始め、それから縄文時代までに住み着いた人は
毛深いということ。
それ以降に渡来してきた人々は、シベリアの極寒の地で寒冷適応を受けてきたので、
ほとんど体毛がないそうです。(極寒の地では体毛が凍結してしまうため淘汰されてきた。)
おそらく毛深いということは、縄文人の遺伝子を多く受け継いでいるのでしょうということです。

ちなみに同じアジア人でも、韓国人や中国人、モンゴル人は体毛がほどんどないそうです。

私もかつては毛深くない人がうらやましかったです。
なんでこんなに不公平なんだろうって思ったけど、医療レーザー脱毛を終えた今は、
そんな思いもなくなりました。


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)