男性ホルモンを抑えるには?

◎18歳の頃、急激に毛が太く硬くなった 

毛深くなる要因の一つが男性ホルモンです。
思春期にはホルモンバランスが崩れやすくなります。そうして男性ホルモンの分泌が
促進されると、手足の毛や鼻の下の産毛が濃くなるという現象が生じます。
ホルモンバランスは、過激なダイエットやストレスによっても崩してしまうことがあるそうです。

私は子供の頃から毛深かったですが、その毛が急激に太く硬く目立つようになったのは、
18歳の頃だったと思います。ちょうど大学受験で極度なストレスをためていた時期でした。

◎男性ホルモンを抑制するには大豆

では男性ホルモンを抑制するにはどうすればいいのでしょう?
それには大豆に含まれている「イソフラボン」が効果的とされています。
イソフラボンが女性ホルモンと似た作用をすることで、男性ホルモンの働きを抑制し、
毛の成長を遅らせたり、毛を細くし抜けやすくします。

そのため納豆などの大豆製品を多く摂取すればいいのですが、
脱毛に注目されているのが「豆乳ローション」です。
豆乳に含まれている大豆イソフラボンが毛を薄くし、
加えてサニポンという成分が毛穴をキレイにして、イソフラボンの浸透をよくします。

◎パイナップル豆乳ローション

私が様々な口コミから特に注目しているのは、鈴木ハーブ研究所の「パイナップル豆乳ローションです。
パイナップルエキスの成分が肌表面のたんぱく質を分解することで、更にイソフラボンの
浸透をよくします。また毛穴の黒ずみを解消し、引き締める効果もあるそうです。

豆乳ローションはムダ毛を一気に解決するのではなく、徐々に毛を薄くするものです。
根気はいりますが、安価なので試す価値はあると思います。
私は全身にわたって医療レーザー脱毛を行いましたが、
金銭的な都合で行えなかった手の平と膝上に使用しています。


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)