レーザー脱毛の失敗はあるの?

私自身や私の身近で、レーザー脱毛に失敗したという体験はありません。
でも私のサイトに「レーザー脱毛 失敗」で検索してアクセスする人が多かったので、
どんな失敗があるのか調べてみました。

ただエステサロンで扱う違法なレーザー脱毛は除外します。
レーザー脱毛は医療機関で受けるのが適切ですので、医療機関での失敗談のみを掲載します。
多くの医療機関では、施術前にテスト脱毛を行い、肌の反応をチェックして
レーザー光の出力レベル(ジュール)を決定します。
その適切な出力で照射をすれば、必ず脱毛の効果は見られ、肌へのトラブルもないはずなのです。

それではどんな失敗談があるのでしょう。
成功談に比べて、レーザー脱毛の失敗談は少ないですが、以下のようなものがありました。

その①:はじめは8ジュールにされた。2年通っても効果がない
⇒(私の見解)レーザー脱毛で効果がないという口コミはほとんど見ないです。
初めは痛みとの兼ね合いから8ジュールで行う医療機関もありますが、
2年も通えば確実に効果はあるはずです。
きっと回数を重ねても、出力を上げずに照射をしたのでしょう。あまりにずさんな医療機関です。

その②:レーザー脱毛を受けた部分の色が黒くなった
⇒(私の見解)レーザー脱毛を受けた後1週間は、日光によって色素沈着をしやすい状態になっています。
病院から日焼け止めを塗るように、説明がなかったのか、さぼったのか・・
あるいはレーザーの出力レベルが強すぎたのかもしれません。
私の場合はむしろ、レーザーの美白効果でキレイになりました。
日焼け止めも出かける前に一度塗る程度でした。

その③:ぼーっとしていた看護婦にほくろを照射されてあまりに痛かった
⇒(私の見解)一般的にほくろは避けるか、大きなほくろはシートなどで保護して照射をするそうです。
私も腕の中心部に直径1.2ミリのほくろがあり、その他にもカラダのあちこちに
小さなほくろがありますが、激痛が走ることはなかったです。
ほくろの周りの毛もきれいになくなっています。

その④:やけどになってしまった
⇒(私の見解)これはレーザーの出力レベルが高すぎたのか、
過度に日焼けをしているにもかかわらず照射を行ってしまったのだと思います。
私は夏に少し日焼けをした際は、出力を下げて照射を行いました。
施術する看護師の知識や、医師との連携体制がなかったのだと思います。

レーザー脱毛は適切な出力レベルで、適切な処置を行えば、必ず期待通りの効果が得られるものです。
失敗しないためには、信頼できる・丁寧な処置を行ってくれる医療機関を探すことだと思います。
口コミ情報を参考にしたり、無料カウンセリングを利用していくつか医療機関を回ってみてください。


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)