レーザー脱毛の誕生

◎レーザー脱毛誕生のきっかけ

レーザー脱毛が日本に導入される前、永久脱毛といえば電気脱毛でした。
しかし電気脱毛は毛穴一つ一つの処理であるため、毛深い人の場合、膨大な時間がかかって
しまいます。その上、激痛が走ります。
そこで考えられたのが、レーザー脱毛だったのです。

元々、アザやホクロの除去治療のために医療レーザーが使用されていました。
そのレーザーを使用して、毛乳頭を焼き切ることはできないかと考えられました。
しかし、皮膚をやけどさせない程度の出力では、毛の再生を止めることはできませんでした。
それから研究が進められたのです。

◎日本では1997年に開始

1996年、アメリカでルビーレーザーによる脱毛が成功したとの発表がありました。
しかしこれは白人にしか適さないもので、黄色人種である日本人に照射を行ったところ、
赤く腫れ上がってしまいました。そのため、ルビーレーザーの輸入は中止されました。

その後、アレキサンドライトレーザーで脱毛ができるとの情報が入り、日本人に試したところ、
皮膚へのトラブルはなく脱毛に成功しました。
そこで1997年より、日本でアレキサンドライトレーザーによる脱毛が始まったのです。
当時は高額だったにも関わらず、脚光を浴びました。
私がレーザー脱毛を開始したのは2000年で、まだ誕生して3年しかたっていないとき・・
今更ながら知って、ちょっと驚きました。

更にその後、より日本人に適したダイオードレーザーの脱毛機が登場しています。
これはアレキサンドライトレーザーより高い出力で脱毛を行うことができ、産毛や色黒の人にも
十分に対応ができます。私が受けたのはアレキサンドライトレーザーでしたが・・


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)