麻酔を使用する場合は?

私自身はレーザー脱毛で、麻酔を使うことはありませんでした。
レーザー脱毛は脇や骨ばった部分ではそれなりの痛みがありますが、我慢できる程度です。
私は極度に痛みに敏感なため、何度かレーザー光の出力レベルを下げてもらいましたが、
それでもきちんと永久脱毛ができています。

クリニックによると、レーザー脱毛において麻酔を使う人はほとんどいないとのことですが、
麻酔を使う場合は、以下のような方法があります。

◎麻酔クリームで表面麻酔
施術箇所に麻酔クリームを塗り、サランラップでくるんで1時間ほど放置し感覚をなくす方法。
施術後、麻酔効果が切れたときに若干の痛みがありますが、それほど大きくはないとのことです。

◎笑気麻酔でほろ酔い気分に
笑気ガスと酸素を一緒に吸うことで、酔ったような状態になり、痛みを軽減する方法。
歯科ではよく使われているそうです。
麻酔クリームは扱わず、この方法のみを扱う医療機関も多いです。

ただこの方法は私の妹が実際にやったのですが、お酒にあまりに強いためか、
まったく酔った気分にはならず結局痛かったとのことです。

◎ペンレスシートで神経を抑制
貼るタイプの麻酔剤(ペンレスシート)で、一時的に痛みを伝える神経を抑制します。
貼って30分ほどで効果が現れるとのことです。

麻酔の価格(※麻酔はレーザー脱毛とは別料金です)
クリニック名 麻酔の種類 価格
品川美容外科 表面麻酔、笑気麻酔、ペンレスシート いずれも3,000円
南青山メディカルエステティック 笑気麻酔 1,000~3,000円
(部位によって違う)

その他、吸引を行いながら照射をすることで痛みを軽減したレーザー脱毛機も開発されています。
それが「ライトシェア・デュエット」(ダイオードレーザー脱毛機)です。
皮膚を伸ばすことで、皮膚のメラニンに吸収されるのを防ぎ、効率よく毛にエネルギーを
加えることができるため、少ないレーザー出力で効果を出せるというものです。
痛みを避けるためには、この脱毛機を扱う医療機関を選択してもいいかもしれません。

☆「ライトシェア・デュエット」を扱う医療機関⇒ クロスクリニック / リゼクリニック / アリシアクリニック

ちなみに私は「ジェントルレーズ」(アレキサンドライトレーザー脱毛機)で行いました。
特に痛み対策がされている機種ではありませんが、痛みに弱い私でも無事に終えています。


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)