レーザーの種類

脱毛に使用するレーザーにはいくつかの種類があります。
それぞれに特性があり、肌の状態によって向き・不向きがあります。現在、日本の医療機関で
使われている主なレーザーは、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」です。

それではレーザーの種類を見てみます。

A. ルビーレーザー
白人向けのレーザーです。表皮(皮膚の表面)に含まれるメラニンへの吸収が強く、
熱傷を起こしてしまうことから、メラニンの多い黄色人種には使用できません。

B. アレキサンドライトレーザー
脱毛用に開発されたわけではなく、脱毛の効果が見られることから利用されているものです。
最も早い時期に日本に導入され、現在、日本のクリニックで最も使用されています。
しかし、強く日焼けをした場合は表皮のメラニンに反応してしまうことから照射を行えなかったり、
メラニンの少ない産毛には反応しにくいという弱点もあります。

品川美容外科湘南美容外科南青山メディカルエステティックで使用されているのは、
キャンデラ社の「ジェントルレーズ」というレーザー脱毛機で、冷却ガスを吹き付けながら照射をするため
痛みを最大限に抑えることができます。
これは米国FDAより、永久減毛ができる脱毛機として認可されています。

C. ダイオードレーザー
脱毛用に、皮膚の深い所まで到達できるように開発されたものです。
これも日本のクリニックで使用されています。皮膚表面を接触冷却しながら照射するため、
より高い出力で脱毛が可能です。よって産毛にも十分に適応できます。
また表皮のメラニンに吸収されにくく、日焼けをした肌にも対応できます。

主にルミナス社の「ライトシェア・デュエット」という脱毛機が使われています。
これも米国FDAより、永久減毛ができる脱毛機として認可されているものです。
この装置を扱っている医療機関としては、リゼクリニックアリシアクリニックがあります。

また最近は更に新しい脱毛機「メディオスターNeXT PRO」が登場し、主流になりつつあります。
これも米国FDAより永久脱毛ができると認可されているもの。
従来のレーザー脱毛機では毛根を破壊していましたが、これは毛根より浅い部分にある
「バルジ領域」を破壊して永久脱毛を可能にしています。
痛みがない、短期間で永久脱毛ができるというのが特徴です。
この装置を扱っている医療機関に、湘南美容外科があります。

D. ヤグレーザー
しわ・シミ治療に使われているレーザーで、脱毛にも効果があるとされていましたが、
施術後に毛が再生したという報告もあり、現在は普及していません。

以上のように説明を書きましたが、実際には「アレキサンドライトレーザー」と「ダイオードレーザー」では、効果にそれほど違いはないと言われています。
私は品川美容外科で「アレキサンドライトレーザー」の施術を受けましたが、目を凝らさないと見えない程度の産毛がひじ付近にあるくらいで、ほぼスベスベ状態になっています。
また「アレキサンドライトレーザー」を扱うクリニックの方が、低価格を提供していることが多いです。


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)