私の実録②-施術の様子

私が品川美容外科(横浜院)で、腕・ひざ下・脇・顔のレーザー脱毛を実施した際の様子を記しています。

A. まずは施術室に入って着替える

施術室に入るとまず、クリニックで用意されたゴム入りタオルに着替えました。
着替え終わった頃に看護婦さんが入ってきて、ベッドに仰向けになるように促します。
そしてレーザー光が目に入らないように、アイマスクを着用。
初回はとてもドキドキしましたが、看護婦さんの軽い声掛けで緊張は和らぎました。

クリニックによっては施術時の服(キャミソールなど)を自分で用意しなければならない所もあるようです。

B. 脱毛箇所のチェック

それから看護婦さんによって、脱毛箇所のチェック。
日焼けしていないか、きちんと剃ってあるか、毛抜きを使っていないかの確認です。
私は施術の前日のお風呂の際に、必ず毛を剃っていましたが、剃り残しがある場合は剃ってくれました。
ただこれもクリニックによっては有料(500円くらい)となる場合もあるようです。

C. テスト照射

次に、いくつかの箇所でテスト照射を行います。肌の発赤や反応、痛みを確認し、結果がOKなら
実際の施術が始まります。結果が出るまで待つこと5分ほどです。

D. マーキング

その間に赤いマーカーで脱毛箇所に印をつけていきます。これがものすごくキモチがよく、
くすぐったかったです。その後、テストの結果が出るまで、しばらく看護婦さんはいなくなります。

E. 本番の照射

そしてうとうとしていたかと思うと再び看護婦さんが入ってきて、いよいよ照射が始まります。
冷却ガスが吹き付けられ、音が鳴ります(私はアレキサンドライトレーザーでしたが、
ダイオードレーザーの場合は照射前に冷却ジェルを塗布します)。
照射の順序はひざ下(足首から)→ひざ→腕(手首から)→脇→顔です。

毛深い人の場合、初回はやはり痛みが強いかもしれません。
でも我慢ができない痛みではなく、ちょっと「イタッイタッ」と言うくらいです。
またすべての箇所が痛いというわけではなく、関節部分などのお肉が少ない部分のみ。
どうしても痛みに弱い場合は、レーザー光の出力レベルを1つ落としてもらいます。
その分効果も下がってしまいますが、私は2度ほど落としてもらいました。

脇は最も痛みを感じる部分ですが、ここは片方で4照射ほど、あっという間に終わります。
「すぐに終わりますから・・もうちょっと。もうちょっと」と看護婦さんに励まされながら行いました。
顔の照射は冷却ガスや照射反応の音で怖さを感じますが、ここも一瞬で終わります。

F. お薬を塗布して終了

最後に印を付けたマーカーをふき取り、お薬を塗ります。

全部の箇所を行って、所要時間は3時間ほど。レーザー脱毛は成長期の毛(全体の20~30%)にのみ
効果があるため、退行期・休止期にある毛のサイクルに合わせ、通常5~6回通う必要があります。
私の場合はものすごく毛深かったので、10回通いました。

G. 施術後・・・

施術が終わると、顔以外の箇所は赤みを帯びています。特に足の赤みが強かったので、
パンツスタイルなど、肌を隠せるお洋服で行った方がいいかもしれません。
またお薬のべとべとが付くので、ぴったり引っ付くレギンスは避け、洗えるパンツ(ズボン)のがいいと
思います。顔の照射を行った場合もメイクは可能なので、メイクを直して帰宅しました。

赤みは2日ほどで収まります。赤みが引くまではお薬を塗るように言われますが、
私はサボってしまうことも多く、渡されたチューブがどんどんたまってしまいました。
また人によってはヒリヒリ感があるそうですが、私は全くありませんでした。

私の場合、3回ほどの照射で素足が出せる状態になりました。
自己処理で荒れていた肌がキレイになり、毛穴が目立たなくなったためです。
通うごとに毛深い悩みも解消され、苦になることもなく淡々と通ったような気がします。



品川美容外科では初回の無料カウンセリングを行っています。予約はこちらから。

品川美容外科オフィシャルサイト
ほぼ無痛といわれる最新のダイオードレーザー脱毛機を導入しているにもかかわらず、
格安のクリニックも誕生しました!

アリシアクリニックの紹介記事


 


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)