胎児の大きさと糖分


先週末、飛行機ではるばる愛媛の実家に帰り、分娩予定の病院で見てもらいました。
大きくなったお腹を両親が見たのは初めて。そして初孫。
「カエルのお腹みたい」と嬉しそうに笑っていました。

診察はとても丁寧に行われました。この病院なら安心できる・・
ただ赤ちゃんが平均より大きいとのこと。
「3,000kgの赤ちゃんを普通に産めるのは、一般的に身長155cmの人が限度」と医師は言います。
私は151cmないくらいで、元々の体重が37.5kgと細い。
このままだと帝王切開になる可能性が大きいし、帝王切開を避けたい場合は
陣痛促進剤で早めに産むという方法もある・・らしい。

なんでこんなに大きくなるのだろう?糖分の取り過ぎのせいなのかな?
私は小さいし、ダンナは平均くらいでそれほど大きくない。
ネットで調べてもよく分からないけど、糖分によって赤ちゃんが大きくなることは、
関係ないとも言えないらしい。

妊娠すると赤ちゃんに糖分を取られてしまう分、甘いものを無性に欲してしまうのです。
「1日にスイーツは200kcalまで、果物は2個まで(りんご半分で1個、みかんは1個と数える)と
決めればいい」という記事を読んで、今日から心がけることにしました。

<本日の甘いもの摂取>
●朝・・・ほしぶどうバターロールにいちじくのジャム

●昼・・・栗まん、低カロリーの午後の紅茶(本当は無糖がいいけど、会社近くのコンビニにはない)

●夜・・・実家からもらってきたデコポン


私も大学生の頃、毛深いことに悩みました・・
医療レーザー脱毛に出会い、ようやくその悩みから解放されました。


  ・施術は品川美容外科で受けました!
  ・レーザー脱毛の効果は期待通りのもの!
  ・様々な脱毛法を試みて、
   効果が得られたのはレーザー脱毛だけでした

  →レーザー脱毛体験記1(足・腕・脇・顔)
  →レーザー脱毛体験記2(うなじ)